看護師国家試験は、1年に1回

看護師国家試験は、1年に1回あります。
看護師の足りないという問題が起きている日本には嬉しい兆候として、この何年かの国家試験の合格率は、90%というかなり高いレベルを、確保しています。看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、決まった点数を取れば資格を与えられるシステムです。
看護師の方が勤務するところといえば病院という印象が世間では普通でしょう。

しかし、看護師という資格を活かすことのできる場は、病院以外にも様々なところにあるのです。保健所で保健師と協力し、周りで生活する人々の健康に関するケアを行うのも看護師のお仕事の一つでしょう。また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、看護師がほとんどの医療行為を行います。修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。

子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤が求められない職場を希望しています。病院以外のところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護師免許を取るには、何通りかの方法があります。


看護師の資格を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護を学ぶことが必要なのです。

看護士を志望する理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えるとイメージが良くなります。

転職の際の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。

これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないほうがいいです。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても違ってきます。一般に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。


しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。


看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度あります。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を保っています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な試験です。

看護師に対する求人は多くありますが、希望条件に合う求人が必ずあるとは限りません。
看護師の資格を手に入れている方で就職さえできれば良いと考えている方は多くはないでしょう。できる限り高収入で職場環境も良く夜勤がないところで仕事がしたいと考えておられる方々が大多数です。

志望通りのところに転職するには、情報収集することが最重要になってきます。